About Mindfulness

マインドフルネスとは、
意識的に今この瞬間に判断を加えず
注意を払い集中することで得る気付き

The best way to capture moments is to pay attention.
This is how we cultivate mindfulness.
Mindfulness means being awake.
It means knowing what you are doing.

-Jon Kabat -Zinn

マインドフルネス を実践して期待される主な
身体的、社会的、心理的効果


自律神経を整える 血圧低下 
人間関係を良好にする コミュニケーション力向上 

これらの中で今この時代、最もフォーカスしたい「こころの育み」にも効果があります


本来の自分を知る

ものごとを
俯瞰してみる練習を通し
心をラクにする

ありのまま
あるがままを
受け入れる心を育てる

About Mindfulness

マインドフルネスとは、
意識的に今この瞬間に判断を加えず
注意を払い集中することで得る気付き

“The best way to capture moments
is to pay attention.
This is how we cultivate mindfulness.
Mindfulness means being awake.
It means knowing what
you are doing.”-Jon Kabat -Zinn

マインドフルネス を実践して期待される主な
身体的、社会的、心理的効果
自律神経を整える 血圧低下 
人間関係を良好にする コミュニケーション力向上


そしてこれらの中で今この時代、
最もフォーカスしたい「こころの育み」にも効果があります

本来の自分を知る

ものごとを
俯瞰してみる練習を通し
心をラクにする

ありのまま
あるがままを
受け入れる心を育てる

About Kids Mindfulness Association®︎

"心の豊かさは作り出すものではなく、そこに在るもの。見えないものの豊かさに気づける自分になる。"

キッズマインドフルネスを通し、子どもの個性を伸ばし自分らしくあるだけではなく、まわりにも光を照らせるような心のあたたかさを持ち合わせることを目指しています。

心を豊かに彩りのある人生を子どもに。


"自分の人生を運や他の人に任せず、自分の人生の旅は自分で舵を切る。"

マインドフルネスはそのプラクティスであり、自分自身への一生モノの贈りものです。

子ども達は大人のことをよく観察しています。大人が子ども達に与える影響はダイレクトで大きいものです。だからこそまず自分から。

アメリカやヨーロッパではマインドフルネスが幼児教育や学校のカリキュラムや習いごととして取り入れられているほど身近なものです。それは善悪ではないその子の"個性"を認め、伸ばしていこうとする多様性の時代の流れとも言えるでしょう。

一方、協調性を重んじる日本はまだまだ ”出る杭は打たれる”

協調性は悪ではありませんが、大人のエゴに操作された協調性は子どもの個性を摘むことになります。残念ながら、魔法でもない限り今の日本の社会をすぐに変えることはできません。

それでも躊躇することなく ”出る杭になる”

個性という杭を磨きあげて、臆することなく示していってほしい。
それは決して、社会に反抗するということではありません。
子どもの個性は子どもそのもの。その子がその子であるという証。

キッズマインドフルネス を通しそのことに気づいていきましょう。

協会代表

Lisa

静岡生まれ。母子家庭の一人っ子。

大学進学を機に上京。スポーツ科学部に進学後は、ダンサーとして活動。

ダンサーとして日本国内だけではなく、オランダ、イギリス、ドイツなどのヨーロッパ圏7カ国や北米、台湾に実際に足を運び、さまざまな国の多くの人たちのダンスや文化、生き方に触れる。もっと世界を心で感じたいという思いから、ヨーロッパで1人バックパッカーを経験し、その後オーストラリアに留学。現地のダンススタジオで講師をしながら幼児保育を学ぶ。

日本に帰国後、出産。そしてすぐ渡米。渡米と同時に、現在もヨガの師であるAelee Oh氏の元でヨガを始め、同時にNYにて子ども向けのヨガとウェルネスを学ぶ。それからすぐにコロナが流行し、閉鎖的で不安な環境のなかで、遊びたい盛りの長女と生まれたばかりの次女と3人で過ごす毎日のなかで「自分」を忘れ、ただただ家事と育児をし、時間を消化するために生きている生活に限界を感じていたときにマインドフルネスに出会う。

1人で年子の子育てをしながらでも日常で取り入れられるものを中心に実践すると自分自身の心に変化が生まれた。

1日をどう乗り切るか消化するのに必死だった時間を、子どもとマインドフルネスを実践しすることにしてから、子どもの放つエネルギーやいつも見過ごしていた当たり前、気にも留めていなかったこの世界の美しさに気付き、自分自身とも向き合えるようになりずっと感じていた生きづらさから解放された。

同じような思いや悩みを抱えている方や、子どもと関わる全ての人たち、そして子どもたち自身にヨガやマインドフルネス を通してこのエネルギーを循環させたいという思いから2021年Boho Little Yoga and Mindfulnessを立ち上げる。

その後、KY州の現地ヨガスタジオSaj school of Yogaにて米国の現代ヨガを学び、全米ヨガアライアンスRYT200h修了。同時に同州にある大学にてマインドフルネスのサティフィケートを取得。本格的に瞑想を学び始める。

2023年 日本帰国を機にキッズマインドフルネス協会®︎設立。

現在はAwakening yogaの考案者であるPatrick Beach氏よりRYT300を学びながらヨガを続け、今もマインドフルネスの実践者として、マインドフルネスや瞑想、セルフコンパッションなどの学びを深めている。

主な資格や学び等

-Certificate in Mindfulness

-MBSR8weeks
-MSC(Mindful Self Compassion)
-Self Compassion gathering with Dr.Kristin Neff
-Children's yoga and Mindfulness Teacher
-Baby yoga and Movement Teacher
-Diploma of Baby massage
-全米ヨガアライアンスRYT200   Saj school of Yoga
-全米ヨガアライアンスRYT300 取得中 Awakening yoga academy(Commune yoga)